• 当院は命の大切さを常に考え、ペットのホームドクターとして、『動物に優しい診療』をモットーにしております。

    集合写真

一般診療
予防接種

診察スペース

健康診断
(動物ドック)

診察スペース

外科手術
避妊・去勢手術

手術室

グルーミング
トリミング
育成指導

トリミング
  • 一般診療・予防接種

    診察スペース
  • 健康診断 (動物ドック)

    診察スペース
  • 外科手術・避妊・去勢手術

    手術室
  • グルーミング・トリミング・育成指導

    トリミング

肉球アイコン 診療コラム

犬と猫の重度角膜潰瘍について┃不意なケガでも発症する目の病気

犬や猫に多い病気の1つに、角膜潰瘍(潰瘍性角膜炎とも呼びます)が挙げられます。この病気は角膜に傷がついてしまう病気で、その深さによっていくつかに分類されます。軽症例では点眼薬などの内科的治療で対応できますが、重度角膜潰瘍にまで進行すると視覚に影響し、手術が必要になることもあります。 今回は犬や猫の重度角膜潰瘍について、分類ごとの原因や症状だけでなく、ご自宅でケアする際の点眼のコツなどについてご紹介します。 ■目次…

犬と猫の胆嚢粘液嚢腫について┃初期症状が分かりづらいため定期的な健康診断が重要

犬や猫の体には胆嚢(たんのう)という器官があり、肝臓でつくられた胆汁(たんじゅう)という消化液を蓄えて、消化管に排出する働きをもっています。胆嚢粘液嚢腫は、胆汁がゼリー状に固くなったり、消化管への流出路が詰まったりすることで、胆嚢内に粘液が異常に蓄積してしまうことで起こります。薬や食事管理などの内科療法で治ることもありますが、胆嚢の限界を超えるまで胆汁がたまってしまうと胆嚢が破裂してしまい、命を落とす危険性もあるため注意が必要です。 今回は犬と猫の胆嚢粘液嚢腫について、症状や原因とともに、緊急事態を見逃さないポイントや当院での治療方針をご紹介します。 ■目次…

犬と猫の膀胱結石について|フードの種類が治療のカギに!

膀胱結石とは、様々な理由で膀胱に石がたまってしまう病気で、犬・猫ともによく発生します。特にオスでは、石が膀胱から尿道に移動して尿道が詰まりやすく、閉塞が起こると排尿困難になり食欲低下や嘔吐が見られ、放っておくと急性腎不全を発症し死に至る場合もあります。 犬や猫の膀胱結石は診断と治療が大切となりますので、今回は当院で採用している検査機器や療法食(フード)についてお伝えします。 ■目次…

犬と猫の水頭症について|身体的な特徴や症状による見分け方

水頭症とは、何らかの原因で脳室(脳内の空間)に脳脊髄液(脳と脊髄を循環する液体で、脳室から生成される)がたまってしまうことで、脳を圧迫する病気です。猫では少ないものの犬では比較的多く、主に先天性(生まれつき)の原因で発生します。脳の病気は他にもいくつかありますが、この病気を発症した動物には身体的な特徴や特有の症状があり、見分け方を知っていれば、ご家庭でもある程度推測することが可能です。 今回は犬や猫の水頭症について、病気にいち早く気づき、動物病院を受診するためのポイントを中心に解説します。 ■目次…

犬の白内障について|治療には目薬? 手術?

犬に多い病気の1つが白内障です。この病気は犬の視力に影響するため、進行すると段差につまずいたり、壁にぶつかったりと、日常生活に支障をきたします。高齢になってからだけでなく、若くても発症しさらには糖尿病が関係する場合もあるので、注意が必要です。 今回は白内障について、原因や症状とともに当院での治療法(目薬の処方や手術)をご紹介します。 ■目次…

高齢の犬や猫で注意すべき床ずれ・褥瘡について|防止策とご家庭でのケア

床ずれは褥瘡(じょくそう)とも呼ばれ、高齢の犬や猫でよく発生します。病気になっていなくても寝ていることが多くなるため、体重がかかる部分は赤くなり、次第に傷になってしまいます。こうした傷はいったん発生すると治療が困難なため、ご家庭でのケアによって防止することがとても大切です。 今回は高齢の犬や猫で注意すべき床ずれ・褥瘡について、その防止策やご家庭でのケアの方法を中心に解説します。 ■目次…

犬と猫の熱中症の症状について│初期症状や対策について解説

暑い日が続いており、飼い主さんだけでなく犬や猫でも熱中症になるケースが多くなります。犬や猫は全身が毛で覆われており、人間のように皮膚から汗をかいて体温を調節できないため、熱中症になりやすい特徴があります。また、症状が重度になると命に関わることもあるため、初期の対応が重要です。 今回はその症状や危険性とともに、対処法や予防法についてもお伝えします。 ■目次…

猫の猫伝染性腹膜炎(FIP)について|治療が難しい病気がお薬で治る可能性も

猫では治療が難しい病気として知られている猫伝染性腹膜炎(FIP)ですが、各国で様々な研究がなされ、最近では薬で治るケースも徐々に増えてきています。今回は猫のFIPに関して、その原因や症状をお伝えするとともに、過去の症例や当院でお勧めしている新たな治療薬についてもご紹介します。 ただし、これらは日本の動物用医薬品として未承認、かつ保険適用外のため、患者さん自身で購入していただくことになる旨、ご注意ください。 ■目次…

犬と猫の子宮蓄膿症について│予防のため2回目発情前の避妊手術をおすすめします

子宮蓄膿症とは、犬や猫の子宮の中に膿がたまってしまう病気で、未避妊の中~高齢の雌で多発することが知られています。重症化してしまった場合には命の危険がある一方で、適切な時期の避妊手術によって発症を予防できることがわかっているため、犬や猫の健康を守るためには予防がとても大切です。 今回は子宮蓄膿症について、原因や症状とともに当院での治療法をご紹介します。 ■目次…

犬の外耳炎について│治療期間を少しでも短縮するため、早めの受診を!

様々な理由によって外耳(耳の入り口から鼓膜まで)に炎症が起こっている状態を外耳炎といいます。犬によくみられる疾患で、主な症状として痒みが生じるため、後ろ足で耳をカリカリと引っかく様子に気づく飼い主さんも多いと思います。 今回は犬の外耳炎について、その原因や症状などに触れたうえで、当院での治療法をご紹介します。 ■目次…

犬と猫の乳腺腫瘍│悪性度が高い場合は手術しても油断せず抗がん剤治療をお勧めします

乳腺腫瘍は、犬・猫ともに最も多発する腫瘍で、いずれも中高齢(10~12歳以降)のメスに多くみられます。腫瘍は、細胞の性質や転移のしやすさから良性と悪性に分かれます。 乳腺腫瘍は、犬では良性と悪性の占める割合がおおよそ半々、猫では80~90%が悪性と言われていて、早期発見・早期治療がとても大切です。 特にメスでは、避妊手術によって発症を予防できることがわかっているため、長く健康に過ごすためにも避妊手術をご検討ください。 ■目次…

犬と猫の歯周病について│予防にはこまめなデイリーケアと年に一度の定期健診が重要!

歯周病は犬や猫で非常によくみられる病気で、3歳以上の犬・猫では約8割が歯周病とも言われています。また歯だけの問題にとどまらず、心臓病や腎臓病の原因になることもあり、悪化すると顎の骨に影響を及ぼす危険性もあります。今回はその概要を解説するとともに、ケアの方法についてもご紹介します。 ■目次…

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)について│片足だけの脱臼でも両足の手術をお勧めします

膝の関節は大腿骨(だいたいこつ)、脛骨(けいこつ)、膝蓋骨(しつがいこつ)という3つの骨で構成されています。膝蓋骨脱臼は膝蓋骨の位置が変わってしまうことで起こる足の病気で、小型犬によくみられます。 脱臼の程度によって症状は様々ですが、たとえ軽度であってもだんだんと症状が悪化する可能性があるため、手術による早期の治療が重要です。今回は、膝蓋骨脱臼の原因や症状といった情報とともに、当院で採用している手術について、詳しく解説します。 原因 膝蓋骨脱臼は大きく分けて内方脱臼と外方脱臼の2種類があります。 内方脱臼は膝蓋骨が犬の足の内側に脱臼するのが特徴で、 若い小型犬(通常は3歳齢以内)によくみられ、発症しやすい犬種としてはトイ・プードル、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、チワワ、フレンチ・ブルドッグなどが挙げられます。 一方外方脱臼は膝蓋骨が犬の足の外側に脱臼するのが特徴で、 グレートデーン、セントバーナード、ロットワイラーなどの大型犬で多くみられます。 日本では小型犬を飼育されている家庭が多いため、必然的に内方脱臼の症例が多くみられます。 いずれの場合も膝蓋骨の溝が浅い、外側の靭帯が弱い、骨がずれているなどが要因となります。 また、根本的な原因は明らかになっていませんが、主に先天性の要因(遺伝)が関わっていると考えられています。 後天的な要因の例としては、膝の関節を傷つけるような事故が原因となることもあります。 症状 膝蓋骨脱臼は、脱臼の程度によって1~4までのグレード分けがされています。症状はグレードによって様々で、軽度(グレード1~2)であれば、一般的に無症状、あるいは足をかばって少しスキップして歩く程度です。ただし重度(グレード3~4)になると、常にびっこをひく、足を持ち上げるようにする、しゃがむように歩くといった症状がみられます。 初期には片足だけの脱臼でも、かばうような歩き方(モンローウォークと呼びます)をして両足に異常がみられてしまうことが多く、重症化すると前十字靭帯断裂という足の病気にもつながってしまうため、早期の治療が大切です。 ■膝蓋骨脱臼のグレード分け グレード 状態 Ⅰ 膝蓋骨を触診で簡単に外すことができるものの、手を離すと元の位置に戻る。 Ⅱ 膝の曲げ伸ばしだけで膝蓋骨が外れる。 Ⅲ 膝蓋骨が常に外れている状態だが、手で押すと元の位置に戻る。 Ⅳ 膝蓋骨が常に外れている状態で、手で押しても元の位置に戻らない。 診断 膝蓋骨脱臼の診断には、整形外科検査が重要です。具体的には、室内での歩行を観察したり、関節を曲げたり伸ばしたりするとともに、膝蓋骨に触って先ほど述べたグレードを判定します。 あわせて、関節のレントゲンを撮影することで骨の位置を確認します。その際には一方向だけでなく、様々な方向から撮影することで詳細な評価が可能になります。 膝蓋骨脱臼で見られる歩き方(歩様)の異常は股関節などに起きる他の整形外科疾患の症状と類似しているケースも多く、同時に併発する疾患も多いことから、正確に診断を下す必要があります。 治療 軽度であれば、抗炎症薬の投与、体重管理、運動制限などによる保存療法で様子をみることもありますが、完治を目指すのであれば手術による治療が必要です。特にモンローウォークがみられる犬では脱臼が進行している可能性があるので、手術をお勧めします。なお当院では、先ほど述べたように、片足だけの脱臼であっても、片足をかばうように歩くことで両足に異常がみられてしまうケースが多いため、両足の手術を推奨しています。 術式は動物病院によって様々ですが、当院では滑車溝造溝術、関節包の縫縮術、膝蓋骨の裏の軟骨トリミング、脛骨粗面の転移術といった4つを組み合わせた手術を採用しています。こうすることで膝蓋骨がうまく元の位置に固定され、膝の痛みを軽減し、犬のQOL(生活の質)を保つことができます。 特に膝蓋骨の裏軟骨トリミングと頸骨粗面の転移術に関しては実施しない病院も多くありますが、 これらの手術を実施することで、治療が成功する可能性が高まります。 術式を含めた膝蓋骨脱臼の治療についてご不明な点がございましたら、当院の獣医師までご相談ください。 ご家庭での注意点 小型犬を飼育されている方は、以下のような日常の行動に気を付けることが重要です。 ・後ろ足だけでジャンプする ・飼い主さんを引っ張りながら散歩する ・滑りやすいフローリングを行き来する ・狭い空間を行き来するボール遊びをする ・家族が帰宅する際のチャイムの音で、玄関までダッシュする これらの行動を防ぐには、ご自宅の環境を変えていただいたり、しつけトレーニングを行ったりする必要があります。 例えば、滑りやすいフローリングを行き来することを防ぐにはゴム性のマットや貼り付けるタイプの滑り止め用マットを敷くことで環境の改善が可能ですし、当院で開催している月に1度のしつけ指導を受けていただくことでしつけトレーニングも可能です。当院のしつけ指導では、お一人お一人の生活環境に合わせた指導を心がけていますので、飼育方法にお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。 もし本記事で解説したような異常がみられるようであればすぐに動物病院を受診してください。重症化する前に治療を施すことで、術後も快適な生活を送ることができるでしょう。 当院の診療案内詳細はこちら <参考文献> Patellar…

犬や猫の会陰ヘルニアについて│未去勢の高齢犬によくみられる疾患、予防には早期の去勢手術が重要!

会陰ヘルニアとは、様々な原因で会陰部(肛門の横)の筋肉が萎縮し、腸や膀胱といった臓器の一部が皮下に飛び出てしまう(逸脱する)病気を指します。 治療には手術が必要ですが、その術式は多岐にわたっています。 当院では、より再発がなく快適な生活を送ることができるような方法を採用しています。今回は犬や猫の会陰ヘルニアについて、その概要とともに、当院で採用している治療法をご紹介します。 症状・原因 会陰ヘルニアでは、会陰部の大腸や結腸、膀胱、前立腺、大網の一部が、萎縮した筋肉を通過して皮下に逸脱してしまうため、会陰部に柔らかい膨らみがみられます。 逸脱する臓器・器官の種類によっても異なりますが、大腸や結腸の場合は便秘、膀胱や前立腺の場合は排尿困難などの症状が現れます。逸脱した状態が慢性化すると、腸管の壊死や腸閉塞につながる可能性があり、非常に危険です。 会陰ヘルニアは加齢により筋肉が委縮した中~高齢の雄犬によくみられ、特に未去勢の犬に多いことが知られています(猫や雌犬でもまれですが認められます)。 会陰ヘルニアが未去勢の犬に多いのは、この症状の発生にテストステロン(男性ホルモン)が関与しているためです。テストステロンは、雄犬の睾丸から分泌されるホルモンで、筋肉量や体毛など、男性の第二次性徴を発達させる役割を担っていますが、骨盤筋の弱体化にも関与しています。 また、ホルモンの影響や加齢による筋肉の萎縮以外にも、前立腺疾患、慢性的な便秘、本人の性質(よく吠えるなど)も原因になると考えられています。 診断・治療 動物病院では、まず身体検査で会陰部の膨らみを確認するとともに、直腸検査を行います。また、X線検査や超音波検査などの画像診断を実施することで、ヘルニアの内容部が何なのか、どの程度逸脱しているのかを判断します。 治療には基本的に手術が必要で、様々な方法で逸脱した臓器を元の場所に戻し、再発を防止します。手術では、生体組織あるいは人工物を利用して、萎縮した筋肉の隙間を塞ぎます。前者では内閉鎖筋フラップ、浅殿筋フラップ、半腱様筋フラップ、後者では医療用メッシュが用いられます。 当院では、医療用メッシュを縫合し癒着させる術式を採用しています。さらに再発を防ぐための手段として、結腸または膀胱を腹壁に固定する手術を並行して行っています。 また未去勢であれば、ヘルニアの手術とあわせて去勢手術も実施します。 術後の再発率は0~46%などと幅広く報告されていますが、これらの治療を組み合わせることによって、可能な限り再発を防ぐことができます。 もちろん、犬の年齢や健康状態、ヘルニアの程度を考慮したうえで、最適な術式を選択することが重要です。 予防法 先述した通り、会陰ヘルニアの発症には男性ホルモンが関わるとされているので、早期の去勢手術によって発症を予防できる可能性があります。 去勢手術は会陰ヘルニアの予防につながるだけでなく、1歳までに去勢することで、精巣がんや前立腺がんなどの疾患の予防にもつながり、尿マーキング、放浪行動、マウンティング、一部の攻撃行動など飼い主様を困らせる発情期の問題行動の抑制も期待できるため、男の子のわんちゃんを飼育されている方は、ぜひ手術をご検討ください。 まとめ 会陰ヘルニアの治療には様々な手法が用いられていますが、当院ではより再発しにくいものを採用しています。せっかく手術をしても、再発してしまっては生活の質(QOL)が保たれません。 会陰ヘルニアと診断された際には、ぜひ治療法にも着目してみていただき、よりよいものを選択してください。 当院の診療案内詳細はこちら <参考文献> Internal…

犬の僧帽弁閉鎖不全症について│犬に最もよく見られる心臓病、早期発見・早期治療が重要

犬の僧帽弁閉鎖不全症は、中〜高齢の小型犬によく見られる心臓病です。 進行すると肺水腫と呼ばれる疾患を引き起こし命を落とすこともあります。 本記事では、犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状、診断方法、治療方法について解説していきます。 症状 犬の僧帽弁閉鎖不全症では、以下のような症状が見られます。 ・咳 ・運動したがらない ・寝ていることが多い ・呼吸数が増える ・食欲が低下する ・皮膚、被毛の乾燥、フケ ・チアノーゼ(舌が青紫色になる) 愛犬にこのような症状が見られた場合には、要注意です。 また、僧帽弁閉鎖不全症が進行し、末期症状である肺水腫を発症すると、常にチアノーゼが見られたり、呼吸数が増えたりします。肺水腫は治療が遅れると命を落とすことも多い病気であるので、飼い主さんは僧帽弁閉鎖不全症の進行を防止しなくてはなりません。 また、本病は症状が徐々に悪化するケースだけでなく、心臓の弁を支えている腱索が断裂することで急速に症状が悪化し、命を落としてしまうケースもあります。そのため、いかに早期に病気を発見し、治療を開始できるかが予後を決めるポイントとなります。 原因 僧帽弁閉鎖不全症は、心臓の左心房と左心室を区切る弁(僧帽弁)に変性が起き、うまく閉鎖しなくなることにより発症します。 僧帽弁がうまく閉鎖しないと、全身への血液供給量が減少したり、逆流した血液によって、左心房圧の上昇と肺水腫を引き起こしたりすることもあります。 診断方法 犬の僧帽弁閉鎖不全症の診断方法としては、以下の通りです。 ・聴診 ・レントゲン検査(胸骨心臓サイズ(VHS)と椎骨左心房サイズ(VLAS)を測定) ・心臓超音波検査(左心房の拡張指標(LA/Ao)と左室拡張末期内径(LVIDDN)を測定) 僧帽弁閉鎖不全症になった犬では、聴診により心雑音を聴取できます。そのため、身体検査や普段の定期検査で聴診を行うと病気の早期発見につながるでしょう。 また、レントゲン検査では心臓の形や大きさを、超音波検査では心臓の血流の状態や(逆流がないかなど)中の構造を調べます。 好発犬種 僧帽弁閉鎖不全症は、中高齢の小型犬に多い心臓病であり、以下のような好発犬種が存在します。 ・チワワ ・キャバリア・キングチャールズ・スパニエル ・トイプードル ・シーズー ・ポメラニアン ・マルチーズ 愛犬がこれらの犬種に該当する場合には特に注意が必要なため、定期的に動物病院を受診して聴診をしてもらうようにしましょう。 治療方法 犬の僧帽弁閉鎖不全症の主な治療方法は、「投薬治療」と「外科手術」の2つです。当院では投薬を始めとした内科治療を中心に治療を進めています。 投薬治療では、血液を全身に送り出すために強心薬や血管拡張薬が用いられます。肺水腫になっている場合には、利尿剤を用いたり、酸素吸入を行ったりすることもあります。 僧帽弁閉鎖不全症の治療の目的は進行を遅らせることであり、一生涯治療を続ける必要があります。 飼い主さんの判断で薬の量を増減したり、投薬を止めたりすると、心臓に負担がかかり、急激に状態が悪化することがあります。 必ず獣医師から指示された通りに投薬を行いましょう。 外科手術では、麻酔をかけて心臓の僧帽弁がうまく閉鎖するように修復していきます。 麻酔が必要であり、術後のさまざまな合併症のリスクもあるため、外科手術を行う際にはしっかりとした術前検査が必要です。 僧帽弁閉鎖不全症を発症したあとは、激しい運動を控える、塩分量を抑えた食事を与える、高温多湿にならないよう、温度や湿度を管理することが症状の緩和につながるため、日常生活で心がけるとよいでしょう。 早期発見・早期治療が重要であると前述しましたが、その理由は早期に病気を発見し、投薬治療を開始することで、寿命を延ばすことができるためです。 2016年に発表されたEPIC…

肉球アイコン 最新情報

重症熱性血小板減少症候群(SFTS):

SFTSウイルスによる感染症で、マダニの吸血によりヒト・イヌ・ネコなどが感染・発症し、死に至る場合もある病気です。

発症した場合のヒトでの致死率は27~30%程度と報告されており、新型コロナウイルスと比較すると15倍以上の比率となります。

また、感染した動物の排泄物や涙や唾液などの体液が粘膜を介してヒトに感染することが報告されています。

動物を飼育されている飼い主様においてはノミ・ダニ駆虫薬の塗布がワンちゃんネコちゃん、ひいてはヒトのご家族を守るための現在唯一の予防法になっております。

詳細はこちらご確認ください

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について(厚生労働省ホームページ)

⇒SFTS感染症報道について

⇒SFTSが疑われる場合の来院について

肉球アイコン よくある質問

ワンちゃんの気持ち

ワンちゃんの気持ち

ワンちゃんネコちゃんの気持ちが理解できればと思ったことはありませんか。遊んで欲しい、おなかが空いたといったように大切なペット達の気持ちを理解してあげられると、よ…
ネコちゃんの気持ち

ネコちゃんの気持ち

ネコちゃんはボディランゲージによって信頼関係を確認できる動物です。ネコちゃんは気ままな動物ですので、しつけは大変だとは思いますが、しぐさや気持ちを理解してあげる…
ペットに薬を与える方法

ペットに薬を与える方法

日頃ワンちゃんやネコちゃんの健康維持のため、バランスのとれた食事、健康診断や予防接種を定期的に受けるなど心がけていても、病気になり、お薬を処方してもらうこと…
ワクチンについて

ワクチンについて

任意のワクチンですが、死亡率の高い病気や後遺症の残る病気や飼い主様に感染を広げてしまうリスクのある病気を予防する目的がありますので、1年に1回の追加接種が望ましいです。…
寄生虫の怖さ

寄生虫の怖さ

寄生虫と聞くと気持ち悪い、怖いといった暗いイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。動物というのはお互いに直接的、間接的に関係をもって生きています。寄生虫…
老犬のためにできること

老犬のためにできること

犬や猫と一緒に暮らしはじめると、安らぎや喜びをたくさんもらいます。年々歳をとると、飼いはじめた頃より動きが鈍くなり、あまり散歩にも行きたがらなくなります。健…

丁寧でわかりやすい説明

動物たちの診療は、ご家族のご理解とご協力があって、はじめて成り立ちます。ご家族のご理解を得るため、丁寧に、そしてわかりやすいご説明を心がけています。

質の良い幅広い獣医療を目指して

診療を進めるためには必要に応じ、血液検査、超音波画像診断装置、デジタルX線画像診断システム、心電図検査、内視鏡システムなどを用いて診断にあたっています。

トレーナーによる犬の飼育指導

当院では、月に1回、トレーナーによる犬の飼育指導を行っております。お一人お一人の生活環境に合わせた指導を心がけていますので、飼育方法にお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。また、グルーミング、トリミングも承っております。

患者様が諦めることがないよう、私たちにできること

高度な診断機器による診断や治療が必要な場合には、連携している各大学病院、動物救急センター、また専門診療が可能な動物病院など最適な方法・施設をご紹介することをいといません。

駐車場

一方通行にご注意ください